フランス拘りの農業。ジョージック農業とは?

フランス農業にはジョージック農業」と呼ばれるものがあります。
ローマの詩人ヴァージルは、「Georgic(ジョルジクス)」または「Farming(農家)」と呼ばれる一連の詩を書きました。

 そこには、あなたが育てる「」が重要であるという信念が促進されています。

つまり・・・

 私たちにとって農業とは「仕事」ではなく「人生」そのものなのです。

それは、当然私たちが行うことだと思いませんか?

ジョージア農業は、

農家と食糧、

人と摂食の長期的な関係を構築し、

自然の土壌の健康と肥沃さを促進し、

農家を景観の内在的な部分と見なし、

先祖の遺産を理解し、

未来の世代に私たちが育てる土地を保存し、

次世代の為に美しい基盤を残しています。

「大地の栽培が人類の最も重要な”仕事”であることを決して忘れないようにしてください。耕作が始まるというのは一種の芸術で農民は文明の創始者なのです。」

私はそう信じています。

フランスの農場で新鮮な野菜や果物を生産するために使用する栽培方法をいくつか紹介します。